Amazed by the fabulous brooches in Galerie Des Bijoux

4 April 2014 | category: Brooch Wisdom

The thing I didn’t consider being in Paris (while it being a work thing): I could find some brooches! And yes, there were some fabulous brooches in Galerie des Bijoux.

Precious brooches in Galerie des Bijoux

 

While visiting Museum Les Arts Décoratifs I discovered Galerie des bijoux. Wow! I felt like I was starring in a Sherlock Holmes episode (you know, where they steal the most precious jewelry) it felt unreal!
I was most impressed to see the brooches of René Lalique in real life. I have written about him before, the most precious brooches were showed on the Broesj Facebook page. But I didn’t think I would ever see a Lalique brooch. But I did.

This brooch is called Le Baiser (the kiss) and was made in 1904 – 1906.

Brooch Rene Lalique Galerie Des bijoux

The museum received the brooch from René Le Mesnil.
The beautiful artwork depicts a man and female in a very loving way. But surrounded by a branch of thorns in silver, the tiny object summarizes the pleasures and pains of love Lalique himself described in one of his letters:
“As I do suffer , alas! one who can love me …”

Finally the mystery was revealed by the granddaughter of René Lalique.

In 1904 and 1905, Lalique spent long periods in England and meets a young French. A son, René Le Mesnil, was born in 1907.
When René Le Mesnil donated the brooch to the museum, the story came out and all and the secret was revealed.

That is exactly the reason why I love brooches: The stories are so incredible!
Do you have a fabulous brooch story?

Tweet: I love to read stories about brooches. There are great stories behind these pieces of jewelry! http://ctt.ec/340f6+

all images are from the Les Arts Decoratifs website

 

You Might Also Like

7 Comments

  • Reply Femke 4 April 2014 at 10:29

    Wat een mooi verhaal! Ik kende Lalique alleen van naam, door een tentoonstelling in het Gemeentemuseum in Den Haag. Zulke verhalen geven echt meer diepgaan aan een object. Jammer genoeg ken ik er te weinig…

  • Reply Yvonne 4 April 2014 at 11:23

    Tof Broesie! Oh Lalique is echt kwijl-waardig. Ik heb ook de tentoonstelling in Gemeentemuseum Den Haag gezien. Maar Lalique in Parijs zien is toch echt wel heel bijzonder.

  • Reply あなたはもう一つのすばらしい新しいtxの腕時計を探している。これは、500系ワールドタイムモデルの一部ともう少し洗練されたスタイルに関しては、外向的なモデルより。また、この新し 4 March 2016 at 05:35

    [url=http://www.newkakaku.com/lb5.htm]あなたはもう一つのすばらしい新しいtxの腕時計を探している。これは、500系ワールドタイムモデルの一部ともう少し洗練されたスタイルに関しては、外向的なモデルより。また、この新しいモデルであるので、私は正確なモデル番号がありません。背景には、世界地図の青白に対しては本当に素晴らしく見えた新しいレトロな観察を得ます。私は、腕時計は、永久カレンダーと思っていると、表示の第2タイムゾーンの半球シーズン(冬または夏)とデート。腕時計の主要な焦点は、世界時の合併症である。あなたができる赤い「t」の手を見る周りにダイヤルすることができます基準都市を通してのタイムゾーンを選択します。これは、逆行性24時間ダイヤル10時近くに位置する時間が変化する。主な時間腕時計のダイヤルの上に表示されます。オリス偽物激安通販あなたはユニークなルックスと使う楽しみです本当に便利なワールドタイムの時計を持っていた。時計の結晶鉱物の結晶の上に実際に結合したサファイアである。少しより高価にするよりも、すべてのサファイアクリスタルがサファイア結晶の利益のほとんど。また、結晶の丸い端とケースから上がっている触発レトロです。この新しい500シリーズワールドタイムウォッチの最良の部分は、新しいブレスレットです。金属製のブレスレットが出てかなり醜い。このハンサムなそのスタイルはほぼジュビリーブレスレットをしている。私はこの多くの腕時計が好きだったと思います、それは良い売り手ですまた、良い贈り物を見てください。価格の可能性が500ドルのこの腕時計のためである。[/url]

  • Reply 2015年のために、カルティエは、両方の男性と女性のための真新しいcléカルティエ腕時計のコレクションを発表しました。我々は、cléカルティエは、我々のトップ10の新しい腕時計sihh 2015年 4 March 2016 at 05:36

    [url=http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N41541.html]2015年のために、カルティエは、両方の男性と女性のための真新しいcléカルティエ腕時計のコレクションを発表しました。我々は、cléカルティエは、我々のトップ10の新しい腕時計sihh 2015年の間の1つとして、正当な理由のためにそれをスポーツだけでなく、完全に新しいケースデザインが、また新しい運動。2015年のclé腕時計は排他的に18金で提供されるへ行っている間(いろいろな色)、我々は予想しますがカルティエ肉付けcléカルティエコレクションより多くの次の数年にわたってとありそうな鋼のモデルとして提供する。だから、2015年のカルティエcléカルティエ時計の上に行きましょう、とカルティエの新しいドレスウォッチコレクションを面白くすることを見てください。[/url]

  • Reply 2015、都铎王朝の「導入」と都铎ゴース腕時計シリーズとブルーバージョンと新しい携帯電話。今年の大ニュースから都铎王朝でバーゼル2015内部機械運動の紹介。は都铎はロレックスに属し 4 March 2016 at 05:37

    [url=http://www.msnbrand.com/goods-copy-4780.html]2015、都铎王朝の「導入」と都铎ゴース腕時計シリーズとブルーバージョンと新しい携帯電話。今年の大ニュースから都铎王朝でバーゼル2015内部機械運動の紹介。は都铎はロレックスに属して、それの運動は生産や組み立てて、完全に離れロレックスの人。[/url]

  • Reply およそ1年前、私は私のマーク・カーソンkaラ・スポーツ腕時計はどうなるのだろう、ダイヤルと手を設計したが、特定の思想は当時のストラップに与えられました。私は、バーゼル2015年か 4 March 2016 at 05:37

    [url=http://www.ooobrand.com/bags/hermes/645.html]およそ1年前、私は私のマーク・カーソンkaラ・スポーツ腕時計はどうなるのだろう、ダイヤルと手を設計したが、特定の思想は当時のストラップに与えられました。私は、バーゼル2015年から帰ったとき、私は座った一つのゴールの設計は、高セキュリティストラップシステムを利用することができたのは、曲がった金属片の「私のマーク・カーソンkaラの場合にnatoストラップのより多くの保安を提供するツールと特徴的なマッチョの観察を提供する。[/url]

  • Reply グランド跡地に壊れた1年後に、ウブロ2ブランドの自身の個人的なビッグバンへの構造的な証拠です。ウブロ1は2009年に開かれるだけでした、しかし、ブランドによって速く大きくなって、 4 March 2016 at 05:37

    [url=http://www.eevance.com/tokei/ap]グランド跡地に壊れた1年後に、ウブロ2ブランドの自身の個人的なビッグバンへの構造的な証拠です。ウブロ1は2009年に開かれるだけでした、しかし、ブランドによって速く大きくなって、その最初の2007年にブティックを開いたというだけでは、まだ現在のような世界に誇って73店舗。coreta nyon建築事務所が設計し、新しいサイトウブロは次の5年にわたって100の新しいワークステーションを設置するのを許します、そして、400人をその地元の労働力を発達させます。[/url]

  • Leave a Reply