A Day in Dordrecht

19 January 2014 | category: Thrift in the City, Uncategorized

day-in-dordrecht

Na een succesvolle eerste roadtrip durfden we het weer aan. Dit maal stond Dordrecht op Het programma. A day in Dorecht…

We is in dit geval de Mechelen-groep. Hoe Yvonne, Margriet, Annelies en ik bij elkaar zijn gekomen is een raadsel.
Het begon hoogstwaarschijnlijk met een gezamenlijk Etsy uitje naar Rotterdam, waar wij vieren kwamen opdagen. Na een groots plan (‘Marta opzoeken in Frankrijk’) wat ietwat onuitvoerbaar was (5 uur in de auto) hadden we een lang weekend Mechelen geboekt. Best een experiment om 4 dagen weg te gaan met mensen die je nauwelijks kent. Gelukkig bleek al snel dat het voelt alsof we elkaar al jaaaaaren kennen.

Gisteren bezochten we Villa Augustus: de prachtige oude watertoren wat tegenwoordig een hotel is, de moestuin en de winkel (met spullen en eten wat je van gaat watertanden. Die broden!) en natuurlijk het restaurant.

Daar werden nog wat vintage vondsten verhandeld. Twee eekhoorn messenleggers en een te zoete kandelaar met een vogeltje.

Kringlopen

Daarna na was de kringloop aan de beurt. Op weg naar De Dordste Kringloop Opnieuw&Co kwamen we langs een vage kringloop waar we eigenlijk niet naar binnen durfden (raar, klein, muf). Uiteindelijk toch vier broches gevonden. Blijkt maar weer: Elke kringloop kan iets moois hebben.

Bij de grote Opnieuw&Co gingen we los. Ik probeerde alles wat ik niet kon kopen (ruimtegebrek) te slijten aan Hoppa (voor haar vintage winkel) of aan Moussie (want die kan haar vintage winkel bést weer openen!) Dat ging gedeeltelijk goed. Ik vond twee paar oorbellen en een witte broche, die een stukje mist, bleek achteraf. Daar zat het prijsje over geplakt. Pffffft! Hopelijk kan mijn moeder ‘m maken. vintage brooches

We misten uiteraard onze partner in crime Margriet, die thuis met een dikke baby buik op haar bevalling aan het wachten is.
Desalniettemin hebben we een fabuleus Hipster Baby Kado op de kop getikt (waarvan we nu geen foto kunnen delen omdat Margriet dit bericht vast leest….)

Na het kringloopgeweld (“nee neem die gele jurk niet, je word dan zo bleek dat je wel een lijk lijkt”) en de nodige overhaal-capriolen (“ja er zijn mensen die dat schilderij voor meer dan 2 euro van je gaan kopen!”) stapten we de bus in richting centrum.

Pop-up Must-See

In de stad bezochten we de fijne pop-up winkel van Indie-ish. Na veel koffie en taart en huizengeklets (verbouwingen, taxaties etc) kijk ik met smart uit naar de zomer waarin we een échte vintage roadtrip kunnen doen. Die waarbij we met een bus vol Franse Vintage huiswaarts keren…

translation  We visited Dordrecht yesterday. Hotel/restaurant/shop Villa Augustus is a must-go. After that we went thrifting and we visited the Indie-ish pop-up shop. Click the link Read in English to translate the post (in the sidebar).

You Might Also Like

14 Comments

  • Reply Margriet 19 January 2014 at 12:32

    Boehoe, ik ben zo ziehielig…! :-D

    Klinkt als een hele fijne dag, Broesje, kan niet wachten tot ik ook weer mee mag…

    • Reply allihoppa 19 January 2014 at 16:02

      Wij kunnen ook niet wachten Margriet!

      En leuk verslag Broesie. Het was een heerlijke dag.

  • Reply Denise Beckand 19 January 2014 at 12:57

    Ik heb gisteren al de nodige foto’s en tweets voorbij zien komen, nu een gezellig verslag. Volgens mij was het een hele geslaagde dag met hele mooie vondsten :-) Fijne zondag!

  • Reply Yvonne 20 January 2014 at 10:52

    Jaaaa, leuk! En volgende keer breng ik zon mee hoor ;)

  • Reply Mini city trip Dordrecht 21 January 2014 at 15:03

    […] Babette also blogged about our little trip to Dordrecht: here. […]

  • Reply ロレックスパーペチュアルスーパーコピー たとえ、エマニュエル・ブーシェの合併症の1つのダイヤルの上で激しく見えます、それは本当にちょうど時間を示している。それは、子会社が秒 1 March 2016 at 21:14

    [url=http://www.msnbrand.com/goods-copy-4782.html]ロレックスパーペチュアルスーパーコピー たとえ、エマニュエル・ブーシェの合併症の1つのダイヤルの上で激しく見えます、それは本当にちょうど時間を示している。それは、子会社が秒のトップでダイヤル(内蔵の日/夜指標板)と他の2つの下位ダイヤルを下の時間を示している(左)と分(右)。ここでさえ、あなたを無視するのを見て何を期待するユニークな要素の数があります。[/url]

  • Reply の原則は原則の詩と経済学の原則で、第2の「等価。ここでは、まあposited実用方程式の間です。「いい」、「次」と「既成事実」。PAS(良いと深刻な自制、自制、自制)。」準配備本もろく 1 March 2016 at 21:15

    [url=http://www.eevance.com/tokei/vuitton]の原則は原則の詩と経済学の原則で、第2の「等価。ここでは、まあposited実用方程式の間です。「いい」、「次」と「既成事実」。PAS(良いと深刻な自制、自制、自制)。」準配備本もろくて弱い経済方程式、探求の境界の間の過程と製品、成功と失敗、天才と。ロレックス 時計コピー「なくて、私達のここだけの話しましょう、私達に引き続き気づいた、このタイプの反復件1。[/url]

  • Reply そしてシンガポールから上場グループ高登(Cortina)は4月以来台北101でMALL咲いHarry Winstonなど8大ブランドの大きい後、2か月近くには、宝のプラチナ表大きい登場しない于新宇グループを時 1 March 2016 at 21:16

    [url=http://www.wtobrand.com/lvc8.html]そしてシンガポールから上場グループ高登(Cortina)は4月以来台北101でMALL咲いHarry Winstonなど8大ブランドの大きい後、2か月近くには、宝のプラチナ表大きい登場しない于新宇グループを時計メーカーが直営大きいルート、高登時計を表展経営モデル開発大きい、所耗费コストが高い、相対的に回収も遅い。[/url]

  • Reply それ以外に、一連の専門を今回の展示会は苦心して設計する演技やゲームインタラクティブコーナーも見せたTIMEX(タイメックス)のブランドの精髄。モデルの演技がTIMEX(タイメックス) 1 March 2016 at 21:16

    [url=http://www.brandiwc.com/brand-super-16-copy-0.html]それ以外に、一連の専門を今回の展示会は苦心して設計する演技やゲームインタラクティブコーナーも見せたTIMEX(タイメックス)のブランドの精髄。モデルの演技がTIMEX(タイメックス)によって表項のユニーク性格;時計パズルや幸運ルーレットなどゲームを消費者は楽で楽しい雰囲気の中で増加TIMEX(タイメックス)のブランドや製品の理解。非常に魅力的なプロモーション活動も同時に展開、活動現場購入任意の1項のTIMEX(タイメックス)を得ることができる腕時計、罰金の携帯ストラップ;購入TIMEX(タイメックス)製品の満1200元、すぐ現場獲得真皮パスポートバッグ1匹。多くの見事な貢献活動をもたらすのリンクや必ずすべての消費者のブランドと体験を非凡。[/url]

  • Reply この最初の腕時計の白い腕時計はクールということを証明した。それは、垂直クロノグラフ分計800シリーズ名tx線形クロノグラフ腕時計の1つです。第2のタイムゾーンとダイヤルの全体的な 1 March 2016 at 21:17

    [url=http://www.bagkakaku.com/vuitton_wallet/wallet/146.html]この最初の腕時計の白い腕時計はクールということを証明した。それは、垂直クロノグラフ分計800シリーズ名tx線形クロノグラフ腕時計の1つです。第2のタイムゾーンとダイヤルの全体的なデザインは独特で、とげとげしくなる逆行ダイヤルがある。ホワイトトーン腕時計を通して持続する(明らかに)、しかし、それは100 %の定義はありません。あなたにはまだ若干のスポーティなオレンジとゴールドトーンダイヤルと手の上に上がりました。それは本当にうまくやった。私は高浮き彫りを付して白い回転ベゼルにホワイトが好きにしてください。グッチスーパーコピーブランド財布腕時計を見事に45 mmのワイドサイズまたは多分私の手首の上で非常に快適でした。あなたは、ダイヤルは最初は少し威嚇を見つけるかもしれませんが、ライブであなたの観察の後にすることは非常に簡単です。本当に素敵な白い色はしばしば見やすいスポーツです。この時計は本当に新しいであったので、私は正確なモデル番号を見つけることができません、しかし、それは価格の間にどこかについてドルであるべきです。[/url]

  • Reply Rolex(ロレックス)中国で現在樹立のイメージと世界各地で現れたイメージ同様、すなわち一つ抜群で象徴的なブランドに満ちて。中国人はちょうどこのような熱心を象徴するもの。まさに 1 March 2016 at 21:18

    [url=http://www.gowatchs.com/brand-189.html]Rolex(ロレックス)中国で現在樹立のイメージと世界各地で現れたイメージ同様、すなわち一つ抜群で象徴的なブランドに満ちて。中国人はちょうどこのような熱心を象徴するもの。まさにという考えさせるためにRolex(ロレックス)のクラウンもっと輝いて、会社はナンバー2ダニエルNeidhartそのチームを率いて、描き出し「ロレックス世・界」(ザRolex Experience)の想い。ダニエルNeidhart香港オフィスで、主にグループが所有子会社の業務。彼の心をこめて画策下で、敷地面積は800平方メートルの「ロレックス世・界」が上海でグランドオープンによって家ローカルの小売業者の日常管理担当、内の施設の展示ホール、精品展示区及び専門店、計200以上の表の陳列や600枚在庫腕時計。これはRolex(ロレックス)一項の異例の措置。ウブロ時計コピーブランドの明確にもなかったが、「ロレックス世・界」は間違いなくて、世界のその他の地方が普及のため、各地の人々は期待して同じ体験を楽しむ。[/url]

  • Reply 足跡を踏破する世界のティソは、1853年、タブ要衝スイス力ロック正式の誕生以来、地域の限界を越えて、まぜる優良な伝統と革新のインスピレーション、ブランドの時計を持ってすばらし 7 March 2016 at 00:56

    足跡を踏破する世界のティソは、1853年、タブ要衝スイス力ロック正式の誕生以来、地域の限界を越えて、まぜる優良な伝統と革新のインスピレーション、ブランドの時計を持ってすばらしい作品世界各地まで。2013年に創立160週年を祝ってティソその旅行者精神を分かち合うことは、発売を表示することができる世界24時間のタイムゾーンHeritage Navigator 160週年記念愛蔵版経典世界時間自動時計のほか、特別に開催された「160年环宇漫遊」の計招待試合切手、各界の人々に「旅」をテーマに、創作の切手設計、その小さなに切手をティソ連れの旅行者の精神世界の隅々まで。ブランドコピー時計今回は設計試合に誘われてグロリア-イップさんを判定するほかに、彼女はよりと他の2人審判団メンバー――有名なグラフィックデザイナー余孝扬さんやスイスティソグローバル黄暁明さんと一緒に参加しまし大使切手設計とともに、試合の冠、亜や3位作品と一緒に作った真実のご利用をスイス印ティソ「160年环宇漫遊記念切手」シリーズの証人として、歴史時刻。

  • Reply これはsevenfridayシリーズで私の問題である。この音はセンセーショナルかもしれないとして、私はシリーズの古典であったと思っています。それはそれとして崇拝して非常に軽蔑されるかも 7 March 2016 at 00:57

    これはsevenfridayシリーズで私の問題である。この音はセンセーショナルかもしれないとして、私はシリーズの古典であったと思っています。それはそれとして崇拝して非常に軽蔑されるかもしれません、しかし、それに耐えた。その価格の点で、そのように見えるのは、それがその生産実行上の数千と何千もの特徴のコレクションに設定されている。その影から踏み出すとき、単に、sevenfriday sevenfridayシリーズその先駆者に接続するために何かをしました。彼らが、何sevenfriday 01シリーズv 3で明らかなように、同一のパターンレイアウトを次のリリース計画、シェアードソースからインスピレーションをとって、各シリーズの各モデルを用いた ガガミラノスーパーコピー 。で、シリーズは、1、2、3の各々と、それぞれに触発された産業の本質によって、産業革命、産業用エンジン。これは、消費者は各々の以降のシリーズが好きになったのですdnaのいくつかの表現かもしれないが、多くのバリエーションが期待できる手段(または憎しみ)は、以前のリリース。それが意味するもののために人々と女の子は、sevenfridayプレスリリース文書で請求されたラインの下の宣伝の年を維持するのにかなり創造的になるだろうということです。

  • Leave a Reply